バナー広告

 

インパクトのない記事タイトルはクリックされません。かといって「インパクト」にも様々な種類があるので誰もが反応してくれるわけではありません。

そこで目的別、状況別に応じた様々なインパクトのあるキーワードを一覧化しましたのでご紹介します。また、そのキーワードの具体的な使い方・例文も交えましたので、ぜひインパクト抜群の記事タイトルに仕上げてみてください。

【今回の記事で得られるもの】

  • 見たらクリックせずにはいられなくなるインパクトのある記事タイトルの作り方
  • タイトルの頭につけるだけでインパクト抜群のキーワード一覧と例
  • 結果としてデラ売れるようになる!

新規の記事だけでなく「いまいちアクセスが伸びないな」という過去記事も、タイトルの頭につけるだけで効果抜群ですよ^^

簡単なのでぜひお試しください。

 

ズバっと痛いところをつく

人には誰しも、後回しにしている問題点や心配事、悩みを抱えています。深刻でデリケートな悩みほど、心の奥底にしまってしまいがちですね。

「このままではヤバイ・・」と自分では分かっていても、なかなか一人では行動できません。だからこそ、ズバっとそれを指摘する事によりクリック率が強烈に上がります。

例えば、

「メタボが気になるあなたへ!」

  ↓ ↓ ↓

「メタボ放置で脳梗塞ってホントですか!?」

の方がインパクトがありますね。頭の中では分かっていることでも、いざ活字で見ると思わずクリックしてしまうものです。

メタボならまだ誰かに相談しやすい方ですが、もっともっと深い悩みはありますね。例えば「家庭内の問題」「借金の問題」「ストーカー問題」などです。

「今のままでは更に問題がエスカレートする」という事を記事タイトルの中でズバッと指摘して上げて下さい。

悩みにつけ込むようで賛否両論あるかもしれませんが、問題を抱えている人は冷静な判断ができません。相談できる相手もいません。

ですので、しっかりと記事内でその悩みの解決法を提案してあげましょう。その気持ちで記事を書けば、悩みにつけ込むどころか、きっと涙を流して感謝されるはずです。

【ズバッと痛いところをつくキーワード一覧と例】

「要注意!」
「危険!」
「一人で悩んでいませんか?」
「最近〇〇と感じたら(胃が痛い・楽しくない)」
「もう、あきらめますか?」
「いつまでも〇〇でいたいなら(健康・幸せ)」
「〇〇のために今できること(子供・健康)」
「なぜ〇〇できない?(就職・結婚)」
「もう試しましたか?」
「なんとかなると思ってませんか?」
「〇〇は危険信号(夜寝られない・内臓脂肪)」
「今のままで大丈夫?」
「もう遅い!?」
「取り返しがつかなくなる前に」
「〇〇から抜け出すたった一つの手段(借金地獄・ニート)」
「今なら間に合う!」
「後悔しないためにできること」
「ご安心ください!」
「これで解決!」
「〇〇から解放されませんか?(パワハラ・就職活動)」
「いつまで続けますか?」

ダメと言われると見たくなる

「見てはいけません」と言われるどうしても見たくなってしまうもの。

幼いころ、「ダメ」と言われるものほど好奇心をあおられましたね。この心理をブログでも活用します。

「女性におすすめ!」よりも「男子禁制!」と書かれた方が興味が湧きませんか?女性はもちろん男性でもクリックしたくなります。

また「怖いもの見たさ」も似たような心理ですね。「怖いから見たくないんだけど、指のスキマから思わず見ちゃう」という事もあると思います。

 

「恐怖の映像特集」

  ↓ ↓ ↓

「心臓の弱いかたはご遠慮ください。恐怖の映像特集」

の方が明らかにインパクトがありますね。

 

このように日本語には本能的に反応してしまうキーワードが沢山あります。

ぜひ記事タイトルに取り入れてみてください。きっと驚くほどクリックされるはずです。

【ダメと言われると見たくなるキーワード一覧と例文】

「閲覧注意」
「18歳未満禁止」
「女人禁制・男子禁制」
「R12指定」
「心臓の弱い方はご遠慮ください」
「絶対に見ないでください」
「これを見る覚悟はありますか?」
「この事実に耐えられますか?」
「悪用厳禁!」
「〇〇過ぎ注意(痩せ・ハマり)」
「この衝撃に耐えられますか?」
「一人で見ないでください」
「警告!」

 

ちなみに私はブログアフィリエイトで人生が激変しました。もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。

後藤の稼いでいる金額や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。

後藤の稼いでいる方法と秘密を見る

 

 

 

あえて方言を入れる

記事のタイトルにあえて「方言」を入れるのも効果的です。

例えば私の住んでいる名古屋地区には「でら」という方言があります。「でら」には「すごく」とか「とても」という意味があります。

今回の記事のタイトルでも「デラ売れる」と使っていますね^^

人は故郷が同じ、出身校が同じという共通点を見つけることにより一気に距離感が縮まります。この心理を記事タイトルでも利用するのです。

地元の人にしか本当の意味は伝わらないかもしれませんが、他の地方出身の人が見ても、「でら」とか「なまら」とか「ぶり」とかインパクトのある方言はクリックしてもらえますよ^^

ちなみに先ほどの「でら」には進化系があり、もっとすごくなると「どえりゃー」と使う場合もあります。このように同郷の人だけがわかる「ご当地あるある」も効果抜群ですよ^^

下記は名古屋弁なので恐らく愛知県尾張地区の人にしか分からないと思います。
でも、愛知県尾張地区の人が見たら「クスッ」と思わず反応してしまうのです。

【名古屋弁の場合】

「でらえらい時はこれだて!(凄く疲れた時はコレ!)」
「このケッタでら重いでかんわ!(この自転車すごく思いから駄目だ!)」
「どべから脱出する学習法(最下位から脱出する学習法)」
「車校行ってくるわ(自動車学校にいってくるね)」
「わやになってまうがや(台無しになっちゃうじゃん)」
「やっとかめだね~(ひさしぶりだね)」

また、地方独特の名前の呼び方はお宝キーワードになりやすいです。
例えば名古屋の場合、自動車学校の事を「車校」といいます。一般的な呼び方ではないのでライバルが少ないですね^^

「みんな使ってる感」を演出する

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」これは北野武さんが漫才で言ったことにより大流行したフレーズです

まさに我々日本人の特性を凝縮しているようなフレーズで素晴らしいですね^^

日本人は周りと一緒が大好きです。私もやはり買い物をする時は、人気のもの、流行っているものを選びがちです。

みんなが使ってると思うと自分も欲しくなるもの。その心理を記事タイトルでも活用していきます。

【みんな使ってる感を演出するキーワード一覧と例文】

「使ってないのは私だけ?」
「人気〇〇ランキング発表!」
「日本人の10人中7人が持ってる」
「〇〇個が即日完売」
「できる〇〇は使ってる(男・父親)」
「〇〇突破しました!」
「新常識!」
「五つ星ゲット!」
「知らないとヤバイ!」
「モテる〇〇の必須アイテム(女・上司)」
「いまさら人に聞けない」
「アンコールにお答えして」
「追加販売決定!」
「90%がリピートした」
「国民的〇〇(人気・食べ物)」
「知ってる人は得をする」

「見ちゃいや!」秘匿性を演出する

人は秘密が大好きです。「ここだけの話」「誰にも言わないでほしいんだけど」「実はね・・・」このように話を切り出されると思わず「なになに??」って興味を持ってしまいますね。

ブログの記事タイトルでもこのような「秘匿性」を演出することにより好奇心を刺激してクリック率が大幅にアップします。

【秘匿性を演出するキーワード一覧と例文】

「秘密を守れる方だけご覧ください」
「お宝〇〇(映像・画像)」
「誰も教えてくれない〇〇の真実(ダイエット・政治家)」
「大きな声では言えませんが」
「極秘情報!」
「禁断の〇〇をついに初公開!(本人画像・ノウハウ)」
「あの〇〇が人知れず使ってる(女優A・有名料理人が)」
「口が堅い人だけご覧ください」
「お蔵入りになった〇〇が解禁!(勉強法・裏技)」
「実は私は・・・」
「ホントは教えたくない!」
「部屋のカギを閉めてこっそり見て下さい」
「ついに流出!」
「深呼吸してからご覧ください」
「他言無用」
「絶対内緒ですよ」

お墨付き感を演出する

どこの馬の骨か分からない人に言われるよりも、その道のプロであったり、著名人から言われた方が説得力がありますね。

 

【おすすめコンテンツ】中断バナー

 

親にパソコンを買ってほしい時、

「学校の友達みんな持ってる」

 ↓ ↓ ↓

「校長先生がパソコンができないと就職に不利って言ってた!」

の方が間違いなく説得できますね^^

このように記事タイトルでも「お墨付き感」を打ち出すことにより信頼性が増してクリックされやすくなります。

【お墨付き感を演出するキーワード一覧と例文】

「〇〇が教える(現役東大生・歯科医)」
「〇〇が使っている(プロ・大学教授)」
「愛され続けて〇〇(10年・半世紀)」
「〇〇がほれ込んだ(歴代総理大臣・豊臣秀吉)」
「〇〇から学んだ(イチロー・本田圭佑)」
「〇〇の知恵(おばあちゃん・先人)」

【影響力の強い人物像】

「芸能人・歌手」
「スポーツ選手」
「歴史上の人物」
「大学教授」
「医師」
「弁護士」
「職人(三ツ星ホテルの・その道30年の)」
「小説家・漫画家」
「科学者」
「父・母・祖父母」
「人生の先輩」

 

話し言葉を入れる

記事タイトルの中に「話し言葉」を入れるのは効果的です。なぜなら話し言葉を入れることにより「感情」が伝わりやすいからです。

「100人中97人が一発合格した勉強法」

 ↓ ↓ ↓

「もっと早く教えてよ!100人中97人が一発合格した勉強法」

の方が緊急性もぐっと高まりますね^^

また話し言葉を入れることにより記事タイトルに臨場感・ライブ感が生まれます。

やっちまった!!上場企業の専務が選ぶ”遅刻した時の言い訳”10選」

このように一言付け加えるだけで、なんとなく「ヤバイ!」という感情が伝わりませんか?このように話し言葉に感情を加えることにより思わずクリックしたくなるのです。

人は理屈よりも感情で動く生き物です。ぜひ機能や理屈でなく相手の本能に直接響かせる「一言」を見つけてください。

【インパクトを強める話し言葉一覧と例文】

「まずい!」
「やばい!」
「早く教えてよ!」
「ドキドキ!」
「忘れてませんか?」
「もう大丈夫です」
「ピーンチ!」
「ちょっとそこのあなた!」
「えっ!まだやってないの?」
「ワクワクが止まらない」
「困った!」
「ご安心下さい」
「もうダメ・・・」
「なるほど!」
「〇〇にサヨウナラ(ニキビ跡・過去の自分)」
「スッキリ!」

「これ私の事じゃん!」と錯覚させる

 

実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。

最短で稼ぐためのノウハウを見てみる

 

不特定多数にメッセージを送るよりも、たった一人のためにメッセージを送る方が明らかに反応してもらえます。

例えば家のポストに入っている郵便物を思い出してください。ただのチラシはすぐに捨てられますが、自分宛てに届いた手紙はまず見ますね。

このように記事のタイトルで「これ思いっきり私の事じゃん!」と錯覚させるのです。さすがにタイトルに宛名を入れることはできませんが、範囲を狭めることにより似たような効果を得られます。

例えば宛名は書いていなくても「西新宿コーポにお住まいの方に大切なお知らせです」と書かれていたら思わず開封してしまいますね。もしかしたら断水や停電、工事のお知らせかもしれません。

このように範囲を極限まで狭くすることにより明らかにクリック率は上がります。

【これ私の事じゃんと錯覚させる文例】

「ビールを毎日3本飲む40代子持ち独身男性の方限定」

「新橋で働く双子のママさんOL必見!」

「今よりも給料を5万円増やしたい土木作業員の方」

「現役引退後にトレーナーをしたい名古屋出身のサッカー選手」

「1円でもお小遣いを増やしたいパソコン買いたての新米パパ」

【範囲を狭めやすい言葉】

「職業」
「年齢・年代」
「性別」
「既婚・未婚」
「子供の年齢・性別」
「職種・職業」
「地域(市区町村まで)」
「置かれている環境・精神状態など」

まとめ

今回はブログに使うと「でら売れる」キーワード一覧と例文をご紹介しました。どれだけ良い記事を書いてもクリックされなければ誰にも見てもらえませんね。

ネットの世界では見てもらえない記事は透明人間のようなもの。そこから何も生み出しませんし、ただの自己満足になってしまいます(厳密にはブログ全体のパワーをためるために一役買っているのですが)

時には自己満足の記事も気分転換にオススメですが、せっかくなら多くの人に見てもらいたいですね^^

そのためには「インパクト」が命です。

インパクトの出し方にも色々な方法がありますが、「狙うターゲットに刺さるキーワード」をチョイスしないと意味がありません。

今回お伝えした、

  1. ズバっと痛いところをつく
  2. ダメと言われると見たくなる
  3. あえて方言を入れる
  4. 「みんな使ってる感」を演出する
  5. 「秘匿性」を演出する
  6. お墨付き感を演出する
  7. 話し言葉を入れる
  8. 「これ私じゃん!」と錯覚させる

これらキーワードを記事の内容と照らし合わせながら「読んでほしいユーザー」の心にびしっと響くようなタイトルに仕上げましょう。

ただし、これらキーワードはあくまでもインパクトを出すためのものです。ブログで稼ぐためには「稼げるキーワード」、つまりお宝キーワードの攻略が欠かせません。

知らないでは済まない!稼げるお宝キーワードの探し方

 

また実際にクリックしてもらえたとしても、肝心の記事を読んでもらえないと意味がありませんね。我々ブロガーの目的は「稼ぐ事」。つまり稼ぐための記事を書く必要があるのです。

反則スレスレの鬼稼げる記事の書き方とコツを激白

 

その他にもブログで稼ぐためのポイントは沢山あります。ただし学びすぎても手が止まる原因となってしまうのでブログアフィリエイトの正しい始め方を1ページにまとめました。基本これだけ学べば30万円はかせげるはずです^^

初心者が30万稼ぐためのブログアフィリエイトの始め方

 

最後までありがとうございました。

 

【追伸】
今日は午前中に仕事が終わりました。キングダムが発売されたらしいので本屋さんに行こうかな(ワクワク)

 

 

記事を読んだらコチラをクリック
▼  ▼  ▼

バナー広告