バナー広告

 

もしもアフィリエイト経由Amazonアソシエイト楽天アフィリエイト商品名リファラ(売れた記事)を調べる方法をお伝えします。

Amazon、楽天それぞれで取得できるデータが異なり、それぞれに欠点があるのでそれを補うためのアイデアもご紹介。

 

 

もしもアフィリエイト経由のAmazonで売れた商品とリファラを調べる方法

まずはもしもアフィリエイト経由のAmazonで何が売れたのか調べる方法をお伝えします。

 

もしもアフィリエイトの管理画面を開いてください。

 

はてなブログのレポートクリック

管理画面右側にある「レポート」、もしくは「売上レポート」をクリック。

 

 

もしもアフィリエイトプロモーション別レポート

「プロモーション」をクリック。

 

 

もしもアフィリエイトの期間レポート

レポートを調べたい期間を選択して「レポート表示」をクリック。

 

 

もしもアフィリエイトのAmazonレポート「商品情報」

Amazonの欄の「商品情報」をクリックしてください。

 

 

ちなみに私はブログアフィリエイトで人生が激変しました。もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。

後藤の稼いでいる生の情報や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。

後藤の稼いでいる方法と秘密を見る

 

 

 

 

もしもAmazonレポートダウンロード先

 

私のパソコンの場合はダウンロードされたら左下に表示されます。もし表示されない人はダウンロードフォルダをチェックしてみましょう。

見つかったらファイルを開いてください。

 

 

もしもAmazonレポートCSV

するとこのようにファイルが開かれます。ちょっとこの図では分かりにくいですね。。

具体的にどんなデータが見れるのかを下記にてまとめました。

Amazonアソシエイトの「商品情報csv」で確認できるデータ

Amazonの商品情報csvでに表示される項目は下記です。

  1. 成果発生日時・・・年月日と時間まで表示
  2. 広告クリック日時・・・空白
  3. サイト名・・・ご自身のサイト名
  4. プロモーション名・・・Amazonのことです。
  5. カテゴリ名・・・Amazonのカテゴリ
  6. ASIN/ISBNコード・・・Amazon商品の識別用コード
  7. 商品名・・・Amazonに登録されている商品の名前
  8. 数量・・・何件売れたか
  9. 成果承認日・・・年月日と時間まで表示
  10. 成果状態・・・承認か未承認か
  11. 承認期限日・・・承認されるまでの期限
  12. 端末タイプ・・・PCかスマホか
  13. 注文金額・・・実際に売れた金額
  14. 報酬額・・・自分がもらえる報酬額
  15. リファラ・・・空白
  16. 任意パラメータ・・・空白
  17. 成果詳細コード・・・成果のコード

注目してほしいのが赤字の部分「商品名」「リファラ」です。

 

【稼げるキーワード暴露中】
▼ ▼ ▼
中断バナー

 

商品名は何が売れたAmazonで登録されている商品名がはいります。問題なのは「リファラ」。リファラの部分には本来なら売れた記事のURLが入るはずです。しかし残念ながらAmazonのレポートには入りません。

Amazonでリファラが見れない欠点をカバー

まずは売れた商品を紹介している記事をピックアップしましょう。アナリティクスでそれぞれのURLをチェックしてアクセスの変動を見れば「どこの記事から売れたのか」をある程度絞り込むことができます。

  1. 商品を掲載している記事をピックアップ
  2. アナリティクスでその記事のアクセスをチェック

さらにサーチコンソールでその記事の流入キーワード(クエリ)を調べれば、どのようなキーワードからその商品が売れたのか予測を立てることができます。

ちょっと面倒ですが、このようにデータを分析する癖をつけていけば、商品選定やキーワード選定のスキルがどんどん上がっていくはずです。

Amazonの成果はメールでも届きます

もしも経由でAmazonの商品が売れると下記のようなメールが届きます。

 

もしもAmazon成果発生メール

ただしメールでは商品名は見ることができません。チェックできるのは報酬額と発生日だけです。

もしもアフィリエイト経由の楽天で売れた商品とリファラを調べる方法

次はもしも経由の楽天アフィリエイトのレポートを見ていきましょう。

Amazonの時と同じ流れで「管理画面TOP」⇒「レポート」⇒「プロモーション」の順にクリック。期間を選択して「レポート表示」をクリック。

 

もしもアフィリエイトの楽天レポート「店舗情報」

楽天市場の「店舗情報」をクリック。

 

実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。

最短で稼ぐためのノウハウを見てみる

 

するとダウンロードされるのでCSVを開いてください。

 

 

もしも経由楽天の店舗情報csv

例のごとく小さすぎて何がなんだか分からないので項目をまとめてみました。

楽天アフィリエイトの「店舗情報csv」で確認できるデータ

楽天の「店舗情報」のcsvは下記データを確認できます。

  1. 成果発生日時・・・年月日時間が見れます
  2. 広告クリック日時・・・年月日時間が見れます
  3. サイト名・・・もしもに登録しているサイト名
  4. プロモーション名・・・楽天市場
  5. 店舗コード・・・楽天のショップ識別コード
  6. 店舗名・・・楽天のショップ名
  7. 成果承認日・・・年月日時間が見れます
  8. 成果状態・・・承認、否認、未承認が確認できます
  9. 承認期限日・・・未承認案件の承認期日
  10. 端末タイプ・・・PCかスマホ
  11. 注文金額・・・注文があった金額
  12. 報酬額・・・自分がもらえる報酬額
  13. リファラ・・・どの記事から広告がクリックされたか
  14. 任意パラメータ・・・空白
  15. 成果詳細コード・・・成果の識別コード

ご覧いただいて「あれ?」と思われた人もいるかもしれません。実はもしもアフィリエイト経由の楽天は売れた商品名が分からないのです。

その代わりに店舗名が表示されています。

楽天で商品名が見れない欠点をカバーする対策

もしも経由の楽天は商品名が見れないということが判明しました。そのかわりリファラの部分にはどの記事から売れたのかページURLがしっかり書かれています。

リファラと店舗名、金額が分かるのである程度はどの商品が売れたのか把握できますね。

  1. リファラを見てその記事内で扱っている商品をチェック
  2. 店舗名や報酬額を照らし合わせて商品を絞り込む

この手順である程度の予測を立てることができます。

さらに今回は売れた記事のURLが分かっているのでサーチコンソールでそのURLの流入クエリをチェックしてみましょう。思わぬ「お宝キーワード」が見つかるかもしれません。

楽天で売れた時の成果メール

もしもアフィリエイト経由で楽天の商品が売れた場合は下記のような成果発生メールが届きます。

 

もしも経由楽天の成果発生メール

もしもの場合は金額と発生日しか見られませんでしたが楽天の場合は報酬額とリファラが確認できます

まとめ

今回はもしもアフィリエイト経由のAmazonや楽天で「どの商品が売れたのか?」、「どのページから売れたのか(リファラ)」を調べる方法をお伝えしました。

 

Amazon・・・商品名は見れるがリファラが見れない

楽天・・・商品名が見れないがリファラは見れる

このようにそれぞれ欠点がありますが、アナリティクスやサーチコンソールを駆使すればある程度カバーすることが可能です。

今回のように売り上げの詳細を把握することにより次の記事に活かすことができます。これを繰り返していけば、あなただけの成功パターンが出来上がっていきます。

成功パターンさえ出来上がれば自信が沸き上がってきますし、あとは目標に向かってひたすら突っ走るだけです。

最後までありがとうございました。

記事を読んだらコチラ
▼  ▼  ▼

バナー広告