バナー広告

 

今回はクリック保証型広告nend(ネンド)の評判や口コミ、特徴を暴露していきたいと思います。また後半ではアドセンスとのクリック単価の比較や、使っていく上での危険性、注意点に関してもお伝えします。

【nendがオススメな人】

  1. 無料ブログを使っている人
  2. アドセンスの審査に通らない人
  3. オーバーレイ(追尾型)広告を貼ってみたい人

上記に当てはまる人は是非使ってみてください^^

 

nend(ネンド)のデータベース

まずはnendの基本データからご覧ください。

サービス名 nend(ネンド)
運営会社 株式会社ファンコミュニケーションズ
住所 東京都渋谷区渋谷1-1-8青山ダイヤモンドビル2f
最低支払額 3000円
振込手数料 三井住友銀行渋谷駅前支店・・・3万円未満108円、3万円以上216円
三井住友銀行・・・3万円未満216円、3万円以上432円
三井住友銀行以外・・・3万円未満540円、3万円以上756円
振込日 翌月末支払い(報酬支払を自動にした場合)
審査期間 2営業日前後(私の場合は即日でした)

アドセンスと違って審査はとっても早いです。もし今回の記事を読んで興味をもったら是非早めに登録しておきましょう。

nendの特徴やメリット

nendはスマホ専用のクリック保証型広告です。クリックしただけで報酬が発生するので売るために説得する必要がないのがメリットですね。

また通常のASPでは見かけないオーバーレイ広告が扱えるというのも魅力の一つです。

最低限オーバーレイ広告は貼っておきたい!

nendを使うとオーバーレイ広告をサイトに貼る事ができます。

【オーバーレイ広告とは】

オーバーレイ広告とはスマホでページをスクロールしても下にずっと追尾してくる広告の事です。スマホとの相性が抜群でクリック率がとても高いです。

 

このオーバーレイ広告を設置したいためだけにnendを使っている人も沢山いますよ。

またnendはスマホに特化しているため、当然表示される広告もスマホ専用です。とくに多いのがアプリやゲームの広告ですね。アプリやゲームの広告は「暇つぶし」でクリックする人が多いので雑記ブログを書いている人にはオススメ。

またゲームやアプリ、スマホ関係の特化ブログを書いている人も相性ピッタリです。

広告数が豊富だから高いクリック率を保てる

ネンド広告数豊富

また他のクリック広告に比べて広告数が多いというのも長期的に稼いでいく上でのメリットとなりますね。というのも同じ広告ばかり表示されても、時間が経つにつれてクリックされなくなるためです。

クリック保証型広告を扱う場合はこの点も考慮する必要がありますね。大手ASPにもたまにクリック保証広告が扱えるケースがありますが、当然その場合はその広告しか表示されないのでクリック率が非常に低いです。

その点nendの場合は業界最大手歩の一角であるa8ネットを運営しているので広告数に関しての心配はありませんね。時間が経過しても平均的なクリック率を保つことができます。

アドセンスで審査に通らないサイトに掲載できる

アドセンスは無料ブログであったり、低品質とグーグルが判断したサイトは審査に通りません。またジャンルに規制もありアダルト表現が使われていたり、ギャンブル要素の強いものは不合格となります。

その点nendはアドセンスに比べて制限が少ないです。もちろん法律や公序良俗に反するようなブログはアウトですが真面目に運営している分にはまず審査に合格できます。

アドセンスで審査に落ちた、途中から利用できなくなったという人がどんどんnendに流れているようですね。

いらない広告をブロックできるから安心!

ネンドの広告制限

 

ちなみに私はブログアフィリエイトで人生が激変しました。もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。

後藤の稼いでいる金額や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。

後藤の稼いでいる方法と秘密を見る

 

 

カテゴリや広告ごとに非表示に設定する事ができます。とくに成人指定の広告はサイトのジャンルによってはイメージが悪くなりますし、他のASPと併用できないケースが多いのでブログのジャンルによって貼り分けましょう。

nendとアドセンスのクリック単価の違い

一番気になるのが「結局アドセンスとどちらが稼げるのか?」という点だと思います。

アドセンスとどちらが稼げるか?

結論から言うとアドセンスの勝ちです。ですのでアドセンスの審査に通らない、もしくは無料ブログを使っているという人以外はそのままアドセンスの広告を貼り付けておくのが得策です。

クリック単価はアドセンスの3割から5割ほどと考えて下さい。つまりアドセンスで平均30円の場合は15円ほどということになりますね。

ただし、色々なクリック保証型広告を調査した結果、アドセンスの次に単価が高いのはnendという声も多かったです。ですので何らかの事情でアドセンスが貼れない場合はnendが第二選択肢になりそうですね^^

実績が上がるとクリック単価も上がる!

nendの魅力は頑張れば頑張っただけクリック単価も上がるという事です。はじめは9円からスタートして実績を積み重ねるごとに15円、18円とクリック単価が上がっていったという報告もあります。

これはのちに解説しますが「人間味のあるサポート」と上手く付き合っていけば実現できそうですね。nendもアフィリエイターが頑張ってこそ売上が上がるのでそのためには単価もあげますし、サポートも手厚くしてくれます。

nendの悪い評判・口コミを暴露します

「単価が安い」

やはり単価が安いという口コミが一番多かったです。ただ、こういった口コミをしている人は、そもそもアドセンスに合格しているので当然ですね。

前述したようにアドセンスには単価で勝てません。でもnendが長い期間、生き残っているのは、無料ブログでも審査に通り、成人指定サイトやギャンブルサイトにも広告が貼れるからです。

アドセンスで審査が通る人⇒アドセンスを貼る
アドセンスの審査が通らない人⇒nendを貼る

このようなイメージでOKです。

「振込手数料が高い」

たしかに振込手数料は少し高いですね。それが分かっているから支払いを自動と手動に分けているのだと考えられます。三井住友以外の銀行の場合、最低でも540円手数料がかかってしまいますね。

ですので、支払申請を手動にしておいて、ある程度金額が貯まってから振り込んでもらうという流れを作るのが良いかもしれませんね。

nendの良い評判・口コミを調査しました

 

【おすすめコンテンツ】中断バナー

 

次は比較的良かった口コミをご紹介します。

「アドセンスには負けるが他には負けない」

これは私も同意見です。単価が低いと言われますが、それはあくまでもアドセンスと比較した場合のみ。他と比べるとクリック単価でも負けていませんし、広告の種類が豊富な分クリック率も高いです。

また稀ににですがインプレッションで報酬がもらえる広告もあります。

「人間味のあるサポート体制」

他のクリック保証型広告の場合、どちらかというと機械的なサポートが多いのですが、nendは人間的なサポートを受けることができます。1人1人に担当がつきますし、広告枠の提案や分からない点などを気軽に答えてくれますよ^^

現に私の場合も審査が通ってすぐに担当の方から挨拶がありました。

nendの案内を見るとSDKとかJSタグとか配信ロジックとか難しいことが沢山書いてありますが、実際にやってみると、とってもシンプルです。そして担当の方もきちんと丁寧に教えてくれるので安心してはじめられます。

nendに危険性はありますか?

次は気になるnendの危険性について触れていきます。

ちゃんと支払われるのか?

まずは支払面ですが、これは業界最大手のファンコミュニケーションズが運営しているので問題はありません。

支払われなかったという口コミもありましたが、それは振込を手動にしていたからという誤解でした。それ以外にはトラブルは一切見られなかったのでまず問題ないでしょう。

アカウントが停止されるケース

次に考えられる危険性としてはアカウントの停止でしょうか。これも法律と公序良俗に反する行為をしなければまず大丈夫です。

念のため下記にてnendの禁止事項をまとめておきましたので目を通しておきましょう。

【nendの禁止事項】

  • 公序良俗に反する行為
  • ねずみ講やマルチビジネスへの勧誘行為
  • メール、SNS、掲示板などでのスパム行為全般
  • 政治、宗教、反社会勢力への勧誘、加担行為
  • 第三者の名誉やプライバシーを傷つける行為
  • 暴力的、過激表現が含まれているサイト
  • 景表法、薬事法に反する行為
  • リンクコードの改変
  • サイト内に有害なプログラムを設置したり配布する行為
  • クリックを誘発する行為(インセンティブの付与など)
  • 申請外のメディアや広告枠での掲載
  • 著作権を侵害する行為
  • その他すべての法律に反する行為

上記に当てはまる場合は審査通過後でもアカウント停止をされる可能性があります。全員が損をしないようにも健全で安全なサイト作りを心がけましょう。

アドセンスとの併用の際に気を付ける事

 

実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。

最短で稼ぐためのノウハウを見てみる

 

nendの広告は基本的に他の広告と併用することができます。ただアドセンスやその他のASPの場合、アダルト広告との併用が不可というケースもあります。

その場合はnendの広告は生き残ったとしても、他のサービスを停止されてしまう可能性があります。アドセンスに限らず他のASPと併用する場合は必ずアダルト関連のカテゴリーを配信しないように設定しておきましょう。

こんな人こそnendを使うべき!

下記にてnendを使うべき人をまとめました。

  • 無料ブログを使っている
  • アドセンスの審査に通らない、面倒
  • 成果報酬型の広告を貼っているが売れない
  • オーバーレイを貼ってみたい

上記に当てはまる人は早めに登録しておきましょう。

nendの登録方法と始め方

nendの評判や稼ぎ方のまとめ

今回はnendの評判や特徴、口コミ、アドセンスとのクリック比較をまとめてみました。沢山書いたのでこんがらがってしまった人もいるかもしれませんが、nendでやる事はシンプル。

「広告を貼ってアクセスを集めるだけ!」

やる事はこれだけです。

また、アクセスを集めるだけでなく、ページを簡単に離脱されないための文章力も多少は必要となってきます。つまりnendで大きく稼ぐためには、

  1. アクセスを集めるノウハウ
  2. 滞在時間をのばすための文章力

この2点のスキルが欲しいところです。下記にてそれぞれのノウハウをまとめましたので是非参考にしてブログの強化をしていってください^^

 

★アクセスを集めるためのノウハウ

初心者でも稼げるお宝キーワード発掘法

ブログ開設後アクセスが増えない5つの原因と対策

クリック率と検索順位を猛烈に上げる記事タイトルの付け方

 

★文章力をつけるためのノウハウ

反則スレスレ?ブログで鬼稼げる記事の書き方とコツ

説得力のある文章が書ける裏コピーライティング術

 

最後までありがとうございました。

 

【追伸】
世間では今日は休日のようですね。自営をしているとこういった感覚が鈍くなってしまいますね・・・。来年は日めくりカレンダーにしようかなと思う今日この頃です。

 

記事を読んだらコチラをクリック
▼  ▼  ▼

バナー広告