バナー広告

 

今回はアフィリエイトで儲かるオススメ広告の選び方をお伝えします。

この記事を読めばあなたも儲かる広告選びのスペシャリストに!

また後半では逆に「絶対に選んではいけない広告」に関しても解説しておりますので是非最後までご覧ください。

 

儲かる広告の選び方&選ぶ基準

せっかくブログを立ち上げて、アクセスが集まったとしても選んだ広告が悪ければ稼げるものも稼げません。

人気の広告だから、新着だから、という軽い気持ちで貼ったとしても当然売れませんね。正しい順番はまずはジャンルと広告を選ぶことです。

つまり、アクセスが集まったから広告を貼るのではなく、「その広告を売るためにアクセスを集める」というイメージです。それにより、その広告を売るためだけにブレずに一直線に記事を書いていくことができます。

当然、記事の内容と広告がマッチングするので少ないアクセスでも売れるようになります。

「まずはジャンルと広告を選ぶ」

アフィリエイトのスタートはここからです。

もっと詳しく学びたい方はブログアフィリエイトの始め方まとめの記事を参考にして下さい。

また後程、詳しく解説しますが、広告を探していく中で「目ぼしい商品」「面白そうな広告」が見つかったら、どんどんエクセルやワードなどにメモしていきましょう。

なぜなら広告を掲載する前に「リサーチ」する必要があるからです。

広告を決めてリサーチしていく中で、

  • 広告の評判・口コミが悪い
  • ライバルが強力すぎて入る隙間がない

といった場合に、また1から探し直さなくてはいけません。広告選びは以外と時間がかかるものです。エクセルなどにメモしておけば探し直しの手間が省けて時間短縮にもなりますね。

ちょっと前置きが長くなりましたが、とても大切なことをお伝えしました。ぜひこれらを意識しながら広告を探していきましょう。

ASPの独占プログラムから探す

まずおすすめなのがASPの独占プログラムから探すというものです。

独占プログラムとは、「そのASPでしか取り扱いできない広告」のことですね。ASPの担当者は独占での契約を取ることができたので契約解消されないように気合が入っています。

気合が入っているので、自社の利益を減らしてでもアフィリエイターにとって有利な条件が提示されているパターンが多いです。

また広告主としても、そのASP一つに絞ったので当然失敗は許されません。ですのでASPからの助言・アドバイスを積極的に取り入れていきます。

例えば同業他社の似たような商品よりも報酬単価を上げてくれる場合があります。このように独占広告は有利な条件がそろっているので稼ぎやすいです。

また、主要なASPの会社は10個前後です。ということはアフィリエイターも10箇所に分散されるということですね。ですので当然ライバルの数も減るのでアクセスを集めやすくなります。

このように独占広告は、

  • アフィリエイターにとって好条件
  • ライバルが少ないので稼ぎやすい

というメリットがあります。

独占広告の探し方は、プログラム検索で「独占」と打ち込むか、ASPからのお知らせメールに記載されている場合があります。今のご時世、独占広告はとってもレアなので常にアンテナを張り巡らせておきましょう^^

新商品・新サービスから探す

次に稼ぎやすいのが「新商品(サービス)」のプログラムです。

広告がリリースされてから月日が経つにつれてライバルの数も増えていきます。飽和状態からスタートしても稼げるようになるのに何か月、もしくは年単位で期間が必要な場合もあります。

アフィリエイトをはじめたばかりの人はとてもじゃありませんが、それだけの長い期間、報酬0で耐えられませんね。。。

その点、新商品、新サービスの場合はライバルの数が少ないので比較的早い期間で稼ぎやすいです。もちろん月日が流れるにつれてライバルも増えていきますが、同じレベルのコンテンツであれば運営期間が古いほうが有利なので問題ありません。

また、すでに「稼げた!」という実績があるのでモチベーションを維持できて、新しい記事を書いたり、過去の記事のリライトを頑張る事ができます。

また、アクセス解析を設置しておけば、「稼げるキーワードのパターン」が蓄積されていくので、別の商品にもそのままノウハウを使えるというメリットがあります。

私も「ブログアフィリエイトは稼げる!」と確信が持てたのは、たまたま見つけた新商品との出会いでした。それまで鳴かず飛ばずだった売上が、新商品を扱うことにより爆発したのです。

それにより自信をもってアフィリエイトに取り組むことができ、今に至ります。

  • アフィリエイトが稼げるか自信が持てない
  • まだ売上が発生した経験がない

という方は新商品を狙い撃ちするのが面白いと思います。一度でも稼ぐ経験ができれば、そこからの人生は激変しますよ^^

有名な人気の広告から選ぶ

すでに有名な人気広告から選ぶという方法もあります。

 

ちなみに私はブログアフィリエイトで人生が激変しました。もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。

後藤の稼いでいる金額や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。

後藤の稼いでいる方法と秘密を見る

 

 

でも人気のある広告はライバルが多いので不安という方も多いと思います。ただし「お宝キーワード」を見つけ出す事ができれば十分にライバルの多い人気広告でも稼いでいくことは可能です。

例えばエステの広告。エステのアフィリエイトは単価が高く、稼ぎやすいので多くのトップアフィリエイターが扱っています。

商品名など固有名詞で勝負してもまず勝てません。またエステ、美容、脱毛周りのキーワードはほぼ網羅されてしまっています。

それでもキーワードを工夫することにより十分に売る事が可能なのです。

例えばキーワードに都道府県を入れてみましょう。それだけでライバルが47分の1になりますね(選んだ地域の規模にもよりますが)。

これを地区町村にしたら更にライバルは減っていきます。

また、公式サイトや大手メディアが書けないようなキーワードを使うのも一つの方法です。例えば「悪い口コミ」などですね。

「値段が高い」という口コミが多い場合は、

「高いけどそれだけの価値がある。なぜなら・・・」

という文章が書けますね。

その商品の公式サイトや大手メディアでは「高い」と書く事ができないため、それを記事タイトルに使うことによりアクセスを見込めます。

 

また、「従業員の態度が悪い」という場合は、

「以前は確かに高圧的な従業員が多かった。でも今は教育がしっかりされていて、とても快適なサービスを受けられる」

と書く事ができます。

このように悪い口コミやネガティブな噂をキーワードにすることにより、ライバルの多い広告でも勝負する事が可能です。

ただし、商品やサービスの悪口は絶対に書かないようにしましょう。悪口だけで終わってしまっては当然売れませんし、そもそも人にオススメできないような商品をアフィリエイトするのは避けるべきです。

ネットでしか申し込めない広告は稼ぎやすい

ネットでしか買えない(申し込めない)広告は稼ぎやすいです。

例えば、

  • 車(バイク)の買取査定サイト
  • 引越見積もりサイト

などはネット特有のものですね^^

上手く戦略を立ててブログを立ち上げればそれこそ1商品で何十万、何百万と稼ぐ事も可能です。

稼ぎやすいのでライバルは多いですが、これも先ほど解説した人気広告の時と同じく「キーワードの工夫」により、いくらでも勝負することができます。

 

【おすすめコンテンツ】中断バナー

 

たとえば車の買取査定であれば、車種や年式、事故車、などいくらでもキーワードが思いつきますね。また、引越見積もりサイトも都道府県や市区町村、家族構成や、荷物の量、ベッドサイズやピアノの有無など様々なアイデアが浮かんでくると思います。

また、これ以外にも「ネットならではの広告」は無限にあります。音楽や動画のダウンロード、電子書籍などはまさにネットならではですね^^

また更に絞ると「スマホならではの広告」も多いです。例えばスマホゲーム・アプリ、Lineスタンプなどですね。これらもキーワードを工夫することにより、今から初めても十分に稼いでいくことが可能です。

「ネットでしか申し込めない広告」は本当にオススメですよ^^

ASPのランキングやおすすめプログラムから探す

お次は定番のASPのおすすめから広告を選ぶ方法です。

ASPによっては、人気ランキング「やおすすめプログラム」といった形でトップページやサイドバーで宣伝されています。正直、これらプログラムは稼ぎやすいです。条件も良いし、クレームもないのでASPとしても安心して紹介しています。

ただしライバルは強力です。

でもご安心ください。「有名な人気の広告から選ぶ」の項目でもお伝えしたようにキーワードを工夫すれば、初心者の方でも充分に儲けることはできます。

そもそも消費者の立場からすると、モノや値段が同じであれば、どのブログ経由で商品やサービスに申し込んでも同じなのです。当然、そのブログの運営者がいくら稼いでいるかも知りませんし、興味もありませんね。

たまたま、そのブログが上位表示されていたから、そのブログ経由で申し込んだに過ぎないのです。

という事は、「その商品に興味がありそうな人」を集めることができれば、昨日今日立ち上げたばかりのブログからでも売れるのです。

そのためにはキーワード選定が命ですね。トップアフィリエイターはニッチなキーワードは狙いません。ニッチなキーワードを狙っているのはドメインパワーの低いブログばかりです。

ですので今から初めても上位表示は可能ですし、十分に儲けることができます。

ASPでランクインしている広告はそれだけ露出度も高く認知されています。ですのでユーザーを文章で説得する必要はありません。

その商品が必要な人、欲しい人をニッチなキーワードで集めて、そっと目の前に置いてあげるだけで良いのです。このように考えると認知度の高い商品は売れやすいですね^^

公式サイトが最安値の広告

今のご時世、アマゾン、楽天、ヤフーショッピングなど、星の数ほどの通販サイトやモールがあります。そして多くの人は、その中で最安値の商品を探します。

また値段だけでなく、それを買った時にもらえるポイントや送料も計算して「一番得なお店」で購入しますね。

せっかくブログの中で商品を紹介して「欲しい」と思ってもらったとしても、結局は他の通販サイトで購入されてしまうというケースも多いです。

それだと自分にはお金は1円も入ってきませんね。今までの苦労が水の泡になってしまいます。

それを回避するために、公式サイトが最安値の広告、もしくは公式サイトでしか購入できない商品を選びましょう。

それにより「最安値」というキーワードを使えますし、記事本文でも「ここでしか買えない」と誘導することができます。それにより他のサイトへ流れていってしまう確率が明らかに減ります^^

ですので、ASPで商品を見つけたら、アマゾンや楽天などで商品が出回っていないか必ずリサーチしましょう。

稼ぎやすい商品選びから掲載までの流れ

 

実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。

最短で稼ぐためのノウハウを見てみる

 

今までご紹介した方法で儲かる広告を沢山見つけ出すことができます。でも、それだけでは稼ぐ事はできません。

選んだ広告をリサーチして、精査することにより更に稼ぐ確率が高くなるのです。

見つけた広告をリスト化する

まずは冒頭でもお伝えしたように、広告をリスト化します。リスト化するにはエクセルが便利です。

広告名、広告のURL、単価、条件などを簡潔に書いていきましょう。

そして今からお伝えするリサーチ結果を入力していきます。それにより次回以降の広告選びがスムーズになりますし、データをため込んでいくことができますね^^

それにより、あなただけの成功法則(ノウハウ)を確立することができます。

商品名で実際に検索してみる

まずはグーグルで「商品名」を入れて検索してみましょう。

それにより、その広告の盛り上がり具体が分かります。

  • 上位表示されているのが公式サイトか?
  • アフィリエイトサイトはあるか?
  • 検索結果の数は?

など、ざっと見ていきます。この段階で商品に欠陥があったり、悪い口コミばかりの場合は、その広告を扱うのはやめましょう。明らかに悪い商品と分かっているのに売るのは詐欺と同じことですね。

またリサーチして、ライバルの数が少なかったり、公式サイトしか出てこなかったらチャンスです。次の段階に進めましょう。

ライバルの強さをチェックする

ライバルの数が少なかったとしても、ライバルが強力な場合はあります。ですので最低でも1位から5位のサイト(ブログ)はチェックしておきましょう。

  • ブログを立ち上げて期間が短い
  • 記事数が少ない
  • 記事の内容が薄い

このようにライバルが弱そうなら挑戦すべきです。もしかしたら1記事書いただけでも上位表示されるかもしれませんし、その日のうちに売上が上がる可能性もあります。

優先順位を直感で決める

このライバルチェックの作業はピックアップした商品、全部まとめてやってしまいましょう。そして直感で「行ける!」と感じたものから優先順位をつけていきます。

これにより例えその商品がダメだったとしても、すぐに切り替えられますし、次回以降の探す手間が省けて記事を作る事に集中できます。

アフィリエイトで稼ぐためのコツは、

  • 考える
  • リサーチする
  • 実践する

このように分割して行うことです。

毎回記事を書くたびに、考えて調べてとやっていたら精神的にもまいってしまいますね。考えるときは考えることに集中して、記事を書く時には雑念を取り払って執筆に集中するのが効率的です。

言い方は悪いですが、自分自身を「機械的」に動かすことができる人が強いですね^^

アフィリエイトで選んではいけない広告

稼げる広告の探し方と掲載までの手順を解説してきましたが、最後に「絶対に選んではいけない広告」について触れていきたいと思います。

下記のような広告を選ぶと大きく稼ぐ事は難しいです。

電話番号がデカデカと載っている広告

選んではいけない広告、一つ目は電話番号がデカデカと載っているケースです。電話で申し込みがあっても報酬を支払わなくても良いので、わざと電話番号を目立つように掲載しているのです。

そのためにわざわざ公式ページとは別に電話番号での申し込みをあおるような販売ページを用意している広告主もいます。

このような広告を選んでしまうと例え申し込みが発生したとしても、何らかの理由をつけられて却下される可能性が高いので注意が必要です。

あきらかに評判・口コミの悪い商品

商品リストを作ったら、利用者の口コミや評判をのぞいてみましょう。今のご時世、低品質だったりスタッフの対応が悪い商品はSNSですぐに拡散されます。

そのような商品をブログの中で扱っていたら、そのブログ運営者自身の信頼も落としかねませんね。顔の見えないネットの世界だからこそ、いい加減で低品質な商品を紹介しないように心がけましょう。

ですので、リサーチの段階で、

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ブログの口コミなど

これらは最低限チェックするようにしましょう。

アフィリエイトで儲かるオススメ広告の選び方まとめ

今回はアフィリエイトで儲かるオススメ広告の選び方をお伝えしました。

本文でお伝えしたノウハウで広告を探せば大きく外す事はありません。上手くアクセスを集めることができれば、ライバルが多い商品でも稼ぐ事は可能です。

ただし、何度もお伝えしていたように最も大切なのは「キーワード選び」です。キーワードを間違えると、どれだけ条件の良い広告でも当然儲けることはできません。

  • 最短で稼ぐためのノウハウを知りたい
  • 稼げるキーワードの具体例を見たい

という方は私の開催している無料アフィリエイト講座をご覧ください。私や私の生徒さんが現在進行形で実践しているノウハウを出し惜しみなくお伝えしております。

 

最後までありがとうございました。

 

記事を読んだらコチラをクリック
▼  ▼  ▼

バナー広告