バナー広告

 

今回は転職、就職、派遣など求人系のアフィリエイトで稼ぐノウハウをお手本や具体例をあげながら解説していきます。

売上爆発!求人系広告で稼ぐためのノウハウを詰め込みました!

また後半では求人系に強いASPもご紹介しております。今回の記事を読むことにより、具体的に何をリサーチして、どんな記事を書いていけば良いか、全てマスターして頂けます。

また求人系広告に限らず、アフィリエイトで最高の成果を上げたいという人は初心者が30万稼ぐための無料教材をプレゼントさせていただきますのでお気軽にお受取り下さい^^

 

私が求人系の広告を進める理由

転職・就職・派遣など求人はいつの時代にも必ずニーズがあります。起業は常に良い人材を求めていますし、求職者は食べていくために働き先が必要です。

「景気は回復した」「就職率は過去最高」と言われている割に人材不足が原因で倒産する会社やコンビニが急増しています。

逆に就職先が見つからずに不安な日々を過ごしている人もいます。

人がいなくて困っている会社もあれば、働き先がなくて困っている人もいる、これって矛盾していますね。

企業と求職者を「あなたはこの会社、君はこのお店」とパズルのように当てはめていくことができれば、このような矛盾も減ると思いますが、それができないのが資本主義の世の中ですね。

だから企業はずっと求人広告を出し続けるし、ハローワークも毎日求職者で溢れかえています。

このような求人に関するニーズは、これからもずっと続いていくと考えられています。

 

求人のニーズは永遠に廃れない!

これが、私が求人系のアフィリエイトを強くお勧めする一つ目の理由です。

ニーズのないところに商売は生まれませんし、流行廃りに流されるような商売は続きません。どれだけAIが発達したとしても、求人は無くなりませんし、いつの時代もニーズはあります。

ですので求人関連でブログを作ってアクセスを集めることができれば、ずっと安定的に稼いでいくことができるのです。

求人系アフィリエイトの収益や単価は?

求人系アフィリエイトの魅力は何と言ってもその収益性です。報酬単価が5000円、10000円を超える広告は当り前。中には20000円を超えるような案件もあります。

仮に一件10000円と考えても、1日一件成約するだけで月30万です。1日2件で60万。これなら就職するよりも、就職サイトを作った方が稼げてしまいますね^^

ただし、就職、転職系の広告は当然ですがライバルが多いです。

試しに「転職」と検索をかけてみます。

 

転職で検索

な、なんと1億サイト以上見つかりました。

 

しかも検索結果を見ていくと、

 

転職サイト検索結果

このようにテレビCMでおなじみの超大手サイトがほとんどを占めていますね・・・

もしこの結果を見て、

「これではとても勝てない・・・」

「諦めよう・・・」

という考えが頭をよぎったのであれば、それは「大チャンス」です!

なぜなら、他のアフィリエイターも同じように「自分には無理だ・・・」と思っているからです。

これは求人関連のアフィリエイトだけでなく、金融、FX、ダイエット、美容など全てのジャンルに共通しています。

アフィリエイトはどのジャンルにも必ずスキマがあります。大手のメディアも、トップアフィリエイターも、対象者全員をカバーしているわけではありません。

もし全員をカバーできるのであれば、どこの会社も求人をしませんし、求職者もいない世の中になりますね。でも実際は求人メディアは露出を増やしていますし、ハローワークも求職者で溢れ返っています。

ですので、大手メディアや他のアフィリエイターが目を付けていない、もしくは力を入れていないスキマで勝負すれば十分に稼いでいくことは可能なのです。

転職・派遣系アフィリエイトで稼ぐためのステップ

それでは、これら転職・就職系のアフィリエイトで稼いでいくための具体的な手順をお伝えしていきます。

まず転職・派遣系のアフィリエイトで稼ぐためには、

  • ターゲット&広告選定
  • 悩み選定
  • キーワード選定

が肝となります。一つ一つ順番に見ていきましょう。

欲ばっちゃダメ!ターゲットを極限まで絞り込もう

 

ちなみに私はブログアフィリエイトで人生が激変しました。もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。

後藤の稼いでいる金額や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。

後藤の稼いでいる方法と秘密を見る

 

 

まずは、どんな人を集めたいのかターゲットを決めるところから始めます。

今回は求人系の広告なので転職・就職したい人がターゲットになりますが、これでは範囲が広すぎます。ターゲットが直球過ぎると大手メディアや古くからやっているブログには勝ち目がありません。

ですので、ターゲットをとことんまで絞っていく必要があります。

極端に言うと、一つ一つの記事を「たった一人のために手紙を書く」という位のイメージを持ちましょう。それにより文中で使う言葉や例え話が、そのターゲットが反応しやすくなります。

成約率は「共感の数」で決まると言っても過言ではありません。その「共感」「信頼」を多く勝ち取るためにターゲット選定が重要なのです。

例えば、

  • 性別
  • 地域
  • 年代
  • 給料
  • 趣味
  • 資格の有無
  • 業界、業種
  • 職歴
  • 現在の職業
  • 結婚の有無
  • 子供の有無

など、ちょっと考えただけでもこれだけ絞り込むことができます。

また、

  • 今すぐ転職したい
  • 良い条件の会社があれば転職したい
  • 今の会社にずっといるつもりは無い
  • 3年間だけ腰掛けで就職したい
  • 子供が小学生になったら働きたい

このように、希望や心境でも絞り込むことができますね。

まずは上記を参考にターゲットを思いつくまま紙に書いてみましょう。それらを組み合わせながら具体的にどのターゲット層を狙うのか絞り込んでいきます。

例えば、

「会社に不満がありまくって毎日同僚と愚痴ばかり言っている、今すぐ転職したい入社3年目、東京在住の独身男性」

このように具体的にターゲットを絞り込みます。

職場や仕事に関する悩みをとことん掘り下げよう

ターゲットがある程度決まったら、次はそのターゲットが抱えているであろう悩みを書き出していきます。

ユーザーは「悩みを解決するため」に検索エンジンを使うことが多いです。

という事はそのジャンルに関するユーザーの悩みを知っておくことが大切になりますね^^

その悩みの一つ一つが記事のネタになりますし、悩みが深ければ深いほど広告の成約率も高くなります。

  • 給料が安い
  • 上司のパワハラ・セクハラ
  • 仕事が退屈、つまらない
  • 将来性がない
  • 通勤が遠い
  • ボーナスがない(大幅カット)
  • 出世できない
  • 年功序列
  • 部下の仕事ができない
  • 会社が倒産しそう
  • 人間関係が悪い
  • サービス残業
  • 給料未払い
  • 故郷に戻りたい
  • 体調面の悩み(持病のため座り仕事、立ち仕事など出来ないなど)

このように、考えられる悩みをとことん羅列していきましょう。

また、もし悩みが思い浮かばない場合は「相談サイト」を利用するという手もあります。

有名どころだと「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などがありますね。

また、最近はお悩み掲示板というのがシンプルなのでよく利用しています。

お悩み掲示板

こちらは無料で使えるQ&Aサイトです。相談者に対し第三者がアドバイスしていくという形式なので使いやすいです。

 

お悩み掲示板職場の悩み

トップページにアクセスして「職場・仕事の悩み」をクリック。

 

 

【おすすめコンテンツ】中断バナー

 

仕事の悩みタブ

上部のタブで「回答が新しい順」「悩みが新しい順」「回答が少ない順」「最近の人気の悩み順」と並び替えをすることができます。

これらを見ていくと自分では思いつかなかったような悩みが沢山でてきます。この中で「今すぐ転職したい人」、もしくは「転職予備軍」がするであろう質問を抜き出していきましょう。

  • 会社を辞める時の源泉徴収票のもらい方
  • 意識高い系の職場の雰囲気が合わない
  • 仕事の辞め癖を克服したい
  • 飲みにケーションの断り方
  • 就職面接で「無職の期間何をしていたのか」を聞かれた場合の返答の仕方
  • 職場で無視される
  • 職場に体臭がきつい上司がいる

ちょっと見ただけで沢山の悩みを見つけることができました。

これらを書きためておけば、記事を書く際のネタに困ることは無くなります。

求職者、転職予備軍が検索しそうなキーワードを探そう

悩みを集めることができたら、次は記事タイトルに使うキーワードを探していきます。

例えば先ほど調べた「職場で無視される」という悩みで考えてみます。この中に含まれるキーワードは「職場」と「無視」ですね。

試しに「職場 無視」とグーグルで検索してみます。

 

職場、無視の検索結果

ライバルサイトは約50万件でしたのでビッグキーワードとまではいきませんが、正直「職場 無視」という2つのキーワードだけで上位表示させるのは作ったばかりのブログだと難しいです。

ですので、キーワードを増やしていきましょう。

どのようにキーワードを探すかというと、先ほどの「お悩み掲示板」を使います。

お悩み掲示板にアクセスしてください。

 

お悩み掲示板検索窓

上部検索窓に「職場 無視」と入力して「検索」をクリック。

 

お悩み掲示板検索結果

このように1000件表示されました。とてもニーズのある悩みということが分かりますね^^

この中からキーワードを抜き出していきましょう。

  • あいさつ
  • 原因
  • 嫌われる人
  • もやもや
  • 虚言壁
  • ボス的存在の女上司
  • マイナス思考
  • 自分にだけ冷たい
  • 後輩
  • チーフ
  • 退職届
  • 私にだけ
  • 同性、同期
  • 原因

ざっと見ただけですが色々なキーワードを探す事ができました。そこから連想してキーワードを増やす事もできますし、この中で「転職したい人」につながりそうなキーワードを組み合わせて記事タイトルを作りましょう。

また記事タイトルに使うキーワードは3~5つほどが理想です。どれが当たるか分かりませんが、記事の一つ一つがブログ全体のパワーを押し上げるのに一役買ってくれますので、例えそのキーワードでアクセスが集まらなくても、「読者さんのために」という気持ちで記事を積み重ねていく気持ちが大切です。

転職系・就職アフィリエイトはどんな記事を書けば良いか?

次は記事の書き方に関して解説していきます。

 

【記事のテーマ・内容は何を書くのか?】

 

実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。

最短で稼ぐためのノウハウを見てみる

 

これは求人系のアフィリエイトに限ったことではありませんが、「記事タイトルに対する答え」を書いていきます。

例えば記事タイトルが「30代男性が転職するのに有利な資格」だったとします。

その場合は本文で「転職するのに有利な資格」だけを書いただけでは足りません。記事タイトルにもあるように「30代」「男性」に当てはまる資格であったり、根拠や理由付けが必要なのです。

まずは記事の内容は「記事タイトルに対する答えを書く」と覚えておいてくださいね^^

 

【ターゲットに沿った記事を書く】

次にターゲットに沿った記事を書くということも大切です。先ほどもお伝えしましたが、極端な話、たった一人に対して書くという位の気持ちで書いて下さい。

具体的にどのようにターゲットに沿った記事を書くかというと、私の場合は掲載する広告を参考にしています。

例えば同じ求人系でも

  • 男性向け
  • 女性向け
  • 総合サイト
  • IT転職
  • 医療関係(薬剤師、看護師、)
  • 第二新卒、既卒向け
  • 工場系専門
  • 不動産業界専門
  • 登録型派遣
  • 飲食、水商売専門
  • 地域特化型(関東・関西・中部など)
  • スカウトサービス

など職種や業界、性別、地域によって様々な広告があります。

当然ですが、不動産業界に就職したい人に対して、IT系の求人を紹介しても意味がありませんね。

逆に不動産業界に就職したい人に向けて不動産の求人を紹介すれば高確率で成約します。

それにより、記事タイトルも記事の書き方も変わってきますね^^

これは職種、業界だけでなく性別や、地域も同じことが言えます。その広告にあったターゲットに狙いを定めて記事タイトル、記事本文を書いていきましょう。

 

【広告の成果ポイントで絞る】

また広告の成果ポイントによっても記事を書く内容は異なってきます。

例えば、

  • 応募だけで成果
  • 面接・面談で成果
  • 採用が決定して成果
  • 派遣登録で成果
  • そのサイトへの会員登録で成果
  • 採用後、働いてから成果
  • カウンセリングを受けて成果

このように広告によって成果ポイントが異なります。それによっても狙うターゲットや書く内容を変えていきましょう。

例えば「面接や採用」で成果が発生する案件の場合は、ハードルが高いのでターゲットを「今すぐ転職・就職したい人」に絞る必要があります。

「会社に不満だらけで今すぐに辞めたい」もしくは「会社をすでに辞めてハローワークに通っている」といった次の職場を探している人ですね。

逆に会員登録だけで成果の出る案件の場合は、「今すぐ転職したい人」だけでなく「そのうち転職したい人」をターゲットにすることができます。

会員登録なのでハードルが低く、「通勤が遠い」「仕事がつまらない」「給料が安い」など、「まだ会社を辞めるまでには至らないが不満や悩みがある」という転職予備軍でも成約しやすいです。

このように広告の種類や成果ポイントによって、ターゲットと記事の内容を変えていきましょう。

その上で前述したように「記事タイトルに対する答え」を本文で書いていくと良いです。

オリジナリティを出すために、ご自身の体験談がある場合は書いておくと成約率が上がります。もし体験談が無い場合は、お悩み相談サイトで調べたり、知人に直接話を聞いてみても面白いですね^^

求人系の広告に強いASP

 広告の内容を見ながら記事タイトルやターゲットを決めようとお伝えしました。

そのためにはまず、どのASPを使うのかを決める必要があります。国内の主要ASPの中から転職・就職・派遣などの広告に強いASPをまとめましたので参考にしてください。

 

転職・就職など求人系の広告に強いASP

第1位 A8ネット
第2位 アクセストレード
第3位 afb(アフィビー)
第4位 バリューコマース

国内の主要ASPにログインして広告の数や条件などを調べました。基本的にはこの4つに登録しておけば求人系の広告は全て網羅できると思います。

中でもやはりA8とアクセストレードがダントツでした^^

ASP名をクリックすると登録方法に飛ぶリンクを貼っておきましたので、まだ登録がお済みでない方は参考にしてください。

転職・就職系アフィリエイトの稼ぎ方とASPまとめ

今回は転職、就職系アフィリエイトで稼ぐ方法と求人系の広告に強いASPをお伝えしました。

本文でもお伝えしたように求人系のアフィリエイトで稼ぐには、

  • ターゲット選定
  • 悩み選定
  • キーワード選定

が肝になってきます。

また広告の種類や業種によっても記事内容やターゲットを変えていくというイメージも大切です。

また、求人系アフィリエイトに限らず、「稼げるブログ」を根本から作っていきたい人初心者が毎月30万稼ぐための無料教材をプレゼントいたしますのでお気軽にご請求ください^^

 

最後までありがとうございました。

 

記事を読んだらコチラをクリック
▼  ▼  ▼

バナー広告